DAN JAPAN

【Insident Report】複数のダイブコンピューターの使用

【Insident Report】複数のダイブコンピューターの使用

レギュレーターのフリーフロートラブルが発生。
別のレギュレーターに交換することにしたが、コンピューターはゲージ一体型だった。
新しいコンピューターを使用してダイビングをしてもよいだろうか?

[報告されたケース]

私が午前中3本目のダイビングを終了した後、セカンドステージのフリーフロートラブルにより一組のバディが浮上しているのを見かけました。水面休息中、このバディと数人のダイバー達は、このトラブルを解決しようとしていました。しかし、トラブルはレギュレーターの故障が原因で、修理が出来ないという判断となったようです。そこで、グループの中の1人が予備のレギュレーターをダイバーに提供し、ダイビングを続けるよう伝えていました。

その後私は、借りたレギュレーターの、ゲージと一体化しているダイブコンピューターの使用について、ダイバーたちが話をしているのを耳にしました。誰かが「同じ種類のダイブコンピューターだから、何の問題もなく使用できるよ」と言っていました。

その言葉を聞き、私はすぐに「新しいダイブコンピューターを使わない方が良いですよ」とアドバイスしました。なぜなら、すでに終了した2本の水深24m以上のダイビングで体内に吸収された窒素量が、計算されないからです。レギュレーターをトラブルダイバーに提供することに集中しすぎて、誰もこの問題に気付いていませんでした。

私は、午前中に使用したダイブコンピューターを引き続き使用するよう、ダイバーに勧めました。ダイバーはその勧めに従い、残りの旅行中問題なく潜り続けることが出来ました。そのまま潜ったら減圧症(DCS)を発症したかもしれない状況を、回避できたのです。

[専門家からのコメント]

このダイバーは、非常によいアドバイスをしました。
ダイブコンピューターは、各ダイバーが個別に使用する機器です。そして、ダイブコンピューターは、24時間以内の水面休息時間により区切られたダイビングを記録し、体内の窒素量を計算する機能しかありません。

同じ日に、複数のダイブコンピューターを使い分けてダイビングをしてはいけません。加えて、経験と知識が豊富なダイバーは、第三者であっても適切なアドバイスをすることを迷わないでください。
アドバイスにより、誰かの命を救うことが出来るかもしれないのです。

– Dr. Petar J. Denoble