DAN JAPAN

  • 再圧治療費補助のお知らせ
  • メディカルチェックガイドライン
  • 日本高気圧環境・潜水医学会
  • 日本渡航医学会

セミナー&トレーニング

■ セミナー

ダイバーの皆様に最新の情報をお届けするために、DAN JAPANでは各種セミナーを実施しています。
テーマは「ダイビングの安全」。毎年、様々な方面から講師の先生をお迎えし、ダイビングの安全や潜水医学に関係した興味深いテーマでの講演をダイバーの皆様にお届けしています。

●安全潜水を考える会 研究集会(DAN JAPAN主催)
年に1回、「安全潜水を考える会 研究集会」を開催しています。
DAN JAPAN会員は参加費無料です。

anzensensui2014_

anzensensui2015_

●ダイビング安全講習会(DAN JAPAN主催)
毎年4月に全国各地で「ダイビング安全講習会」を開催しています。
東京、大阪、名古屋、福岡、沖縄など、より身近な会場で受講が可能です。
(開催場所については開催年により変更します。開催決定後、HPにて発表します。)
DAN JAPAN会員は参加費無料です。

safediving2015_

safediving2016_

 

■ トレーニング

2016年、改めて緊急時の酸素使用について認められました。減圧障害や溺れの応急手当として重要性が高い酸素ですが、同時に可燃性のガスなので、取り扱いのトレーニングが必須です。

その為、DAN JAPANでは酸素供給法のトレーニングを実施しています。バディや大切な人を救うために是非酸素取扱いの知識を学んでください。(全ての参加者はCPRの知識が必要です。)

  • DAN酸素プロバイダー

受講前条件:年齢12歳以上(推奨)
資格:潜水障害を受けた者に、補助的な応急手当として緊急医療を受けるまで
緊急酸素を事故者が吸うのを補助出来る。
資格の期限:取得日から2年間(2年に1度更新が必要です。)

  • DAN酸素インストラクター

受講前条件:現役のインストラクター/有効なCPR認定/DAN会員
資格:DAN「潜水事故における酸素供給法」講習を開催し、コース修了者を
「DAN酸素プロバイダー」に認定できる。
資格の期限:取得日から2年間(2年に1度更新が必要です。)

  • 酸素インストラクター・トレーナー

受講前条件:現役のインストラクター指導資格/有効なCPR認定/DAN会員
(その他、DAN JAPANから指定される条件を満たしている。)
資格:「DAN酸素インストラクター認定コース(IQC)」を開催し、コース修了者を
「DAN酸素インストラクター」に認定できる。
資格の期限:取得日から2年間(2年に1度更新が必要です。)

酸素供給法講習についての詳しい問合せは:
トレーニング部:045-228-3066(平日9-17時、祝日/年末年始休み)
担当:小島